試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

終盤の追い上げ惜しくも及ばず

もう負けられない伝統の一戦、必勝が求められる試合に矢野監督はオーダーから投打に勝負手を放った。
左腕エースの高橋を中5日で先発させ、右手有鈎骨骨折から復帰した糸原をスタメンに抜擢。強い決意で試合に臨んだ。

高橋は今季、巨人戦で2試合、14イニングを投げて1失点と安定感抜群。チームの誰もが好投を確信していた。しかし3回、味方の守備の乱れから先制を許すと、4回と5回にも追加点を奪われてしまう。「今日の試合の先発を任せていただいた中で、リズムが悪くなってしまい、攻撃に良い流れを持ってくることができませんでした。粘らなければいけない展開の中で、追加点を与えてしまったことも悔しいです」反省の言葉が並んだが、それでも決定打は許さず6回3失点と試合を作った。

早く追いつきたい打線だが巨人の先発左腕・メルセデスを捉えられない。6回まで散発2安打、3塁が踏めず劣勢の展開が続いていた。

流れが変わったのが7回、巨人が継投に入ると先頭の糸原が安打で出塁し、相手のバッテリーミスで2塁に進む。無死で得点圏に走者を置き、クリーンアップのバットに託した。1死後、サンズが三遊間を破り1、3塁とチャンス拡大。大山はライトフライに倒れたものの、ボーアがサード強襲の適時内野安打を放ち1点を返す。追い込まれてから投手が交代する難しい打席だったが「2ストライクからのあのような継投は初めてだったけど、集中を切らすことはなかったよ。良いところに飛んでくれて良かったね」と強い打球を打ち返した。

まだビハインドを背負っていたが矢野監督は戦力の投入を惜しまない。2死ながらボーアに代走・小幡を起用し、8回には岩貞を、9回には岩崎をマウンドに送った。

2点を追う9回、先頭の糸原がレフトポール際に今季3号となる本塁打を放つ。さらに代打・福留が四球を選び、逆転サヨナラへの期待が高まった。しかし後続が倒れ1点届かず。大事な試合を落としてしまったが矢野監督は「確率、可能性は厳しくなりましたけど、どういう姿を見せていくのかが僕らの課題」と下を向かない。この悔しさを明日からの連戦にぶつけていく。