試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評

岩田に次こそ打線の援護を!

また日曜日に勝てなかった。前半は阪神・岩田と中日・山本昌の投手戦。どちらが先に点を取るかが焦点だったが、先制したのは中日だった。

5回表、それまで2四球のみに抑えていた岩田が、先頭の井端にヒットを許し、続く平田にセンターバックスクリーンへ放り込まれた。岩田自身が「あれがなければ…。ただ悔しいです」と振り返った痛恨の1球。

それでも2点ならば打線が何とかしてあげたかったが、初回の鳥谷のヒット以来、沈黙したまま。次に安打が記録されたのは8回で、それも得点にはつながらず。結局、今季初の完封負けとなった。

ただ、先制を許したとはいえ、岩田のことは責められない。「先発としての役割は十分に果たしてくれましたよ」と藪投手コーチ。「5回まではノーヒットノーランをやるんじゃないかというくらいのピッチングでした。今は我慢のとき。調子は悪くないので、自分から崩れないようにしてほしい。次につながると思いますよ」と続けた。

岩田はこれで、まさかの0勝3敗。次こそは打線の援護を!