試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

3本塁打9得点で快勝

守っては3イニング連続でピンチを背負い、攻めては2イニング連続で三者凡退。

序盤はDeNAにペースを握られていたが3回、この回先頭の糸原がセーフティバントを仕掛けると相手の失策を誘い、無死1塁。ファールで粘った岡崎が死球をもぎ取ると1死後、糸井がライトへ先制の3点本塁打を放つ。この後さらに2死1塁から福留もアーチを描き5点を先制した。ベテランの一発攻勢に金本監督は「糸井は先制スリーランで効果的な一発でした。孝介もレフトへ打ってくれたのも大きかった」と表情を緩ませる。

堪えて堪えて、巡ってきたチャンスを逃さず大量リードを奪うと、続く4回も糸原の出塁を足かがりに糸井の適時内野安打で1点を追加。

立ち上がりから荒れ球が目立っていた先発・青柳は、5回に守備の乱れもあって失点するが、8安打を浴びながらも6回を2失点。「初回は緊張しました。何とか0で行けて良かったです。(守備の)ミスあったので、今度からは改善出来るようにしたい」とフィールディング向上を誓っていた。

青柳が試合を作ると、その裏には相手の失策で2点を加え、試合の流れを決定付けた。

6点リードの8回には、途中出場の中谷がレフトスタンドへ叩き込みトドメを刺す。

先発マスクをかぶりフル出場した岡崎は青柳の荒れ球を体を張って止め、先制の起点となった糸原はその後も2四球1安打と塁を賑わせた。「結果的に全打席、出塁出来て良かった」ルーキー故、ほとんど全ての投手が初対戦となるが、試合前に相手の特徴を頭に入れることはもちろん、試合後も映像とノートでデータを蓄積させている成果を発揮した。

終盤は高橋、伊藤和、桑原のリリーフ陣がDeNA打線を1安打に抑え、付け入る隙を与えずに完勝。7点差勝利に金本監督は「いつもよりは、ゆったりと見られました」

明日は交流戦最後の試合。上り調子で節目の一戦に臨む。