試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

追い上げ及ばず後半戦黒星スタート

後半戦最初の試合はチケットが前売りで完売。満員のファンに後押しされた打線はいきなり繋がった。

2死から福留、陽川の連打で1、2塁とするとナバーロがライト前に適時打を放つ。クリーンアップの3連打で1点を先制した。

援護をもらった先発・メッセンジャーは走者を出しながらも要所で三振を奪い、巨人打線にホームを踏ませない。4回まで無失点に抑えた。しかし5回、1死2、3塁のピンチを背負うと打ち取った打球が前進守備の三遊間を抜け逆転を許してしまう。それでもオールスターでの登板から中2日、フル回転で先発マウンドに上がったメッセンジャーは6回2失点と試合を作った。

7回は望月がマウンドに上がり無失点。味方の失策により先頭打者の出塁させたが巨人の上位打線を簡単に料理した。8回にマテオが被弾しリードを広げられるが、最大の見せ場はその裏にやって来た。

3点を追う攻撃で先頭の北條がセンター前に安打を、続く福留は右中間へ2塁打を放つ。無死2、3塁とし1死後、まずはナバーロの内野ゴロの間に1点を返す。大山が四球を選んで2死1、2塁、同点の走者を出したところで代打・原口が打席に入る。1ボールからの2球目、高めの球にうまくバットをかぶせると打球はレフト前で弾んだ。代打時に5割近い打率を残す原口の一打で1点差に追い上げると9回は藤川が3人でピシャリ。2三振を奪う好投で逆転サヨナラ勝ちの期待が高まった。

9回の攻撃は三者凡退に終わり、後半戦は黒星スタートとなったが2安打1四球2打点と活躍したナバーロは「今日は後半戦の初戦ということと、2つの伝統のあるチームの試合という感じがして自分もモチベーション上がりました」と伝統の一戦の雰囲気を肌で感じ、一発を浴びたマテオも「結果は出なかったけど球のキレ自体は前に戻ったかな」と前を向く。明日こそ勝利を掴みとる。