試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評

和田監督、うれしい初勝利

初戦に続いて手に汗握る展開となった。初回に横浜が1点を先制したあとは、5回まで両軍ゼロ行進。特に阪神は横浜先発・ブランドンの前に打線が沈黙し、スタンリッジの1安打に抑えられていた。

試合が動いたのは6回だ。まず横浜。一死後、四番・中村紀が右前へヒット…と思いきや、柴田がワンバウンドで頭を越され、まさかの三塁打に。金城の一、二塁間への鋭い打球は、途中から一塁に入った城島が横っ飛びで好捕したものの、続く森本に中前に運ばれ、追加点を許してしまった。

しかし、ここから食らいつくのが今年の阪神。直後の攻撃で、疲れの見え始めたブランドンから2四死球で一死一、二塁の好機を得ると、「二番・中堅」でスタメン出場の大和が左前へタイムリー。鳥谷が四球でつなぎ、四番・新井の左翼フェンス直撃の適時二塁打で逆転に成功した。

その後は7回を筒井、8回を榎田、9回を藤川が抑えて、和田監督にうれしい初勝利をプレゼント。わずか3安打でも、四番が打てば勝つ――そのことを証明するような試合だった。